「健口寿命って知っていますか?」

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)

ブログ

2017.06.01
健口寿命って知っていますか?

新ブログがスタートしたので、しばらく頻繁に投稿していきます。

 

みなさまいかがお過ごしですか。

山中歯科・矯正歯科です。

 

日本は世界でも平均寿命の長い国です。
しかし、健康寿命、健口寿命ということでいうと、ランクはかなり下がります。

 

「健康寿命」とは、介護なしで自力で生活できる年齢まで、
「健口寿命」とは、正しいかみ合わせでおいしく食事ができる年齢までです。

 

日本人が80歳で残っている歯の平均は、13.9本。
80歳で20本あれば、しっかり噛めるといわれていますが、達成者は38%ほどといわれています。

 

自分の歯が残っていて、しっかり噛めるということは、お食事ができ、口回りの筋肉がしっかりし、からだのバランスも維持され、脳にも刺激がいっているということです。

 

長生きでも、寝たきりりや認知症になってしまうと楽しくないですよね。

そうならないためには、歯を残すことも大切になってきます。

 

お口の中は、なかなか自分でチェックしたり、異変に気づくのが難しいため、「健口寿命」を伸ばすためには、定期的な検診が欠かせません。

 

「健口寿命」を伸ばして「健康寿命」を伸ばしましょう!