「歯の表面で白くなっているところ、ありませんか?」

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)

ブログ

  • ホーム>
  • ブログ>
  • 歯の表面で白くなっているところ、ありませんか?
2017.06.08
歯の表面で白くなっているところ、ありませんか?

関西の梅雨入りはいつでしょうか。

 

みなさま、いかがお過ごしですか。

山中歯科・矯正歯科です。

 

 

「歯の脱灰」という言葉を聞いたことはありませんか?

 

鏡で歯を見てみて、他のところとは違い、不透明でざらざらの白い部分があれば、「歯の脱灰」の可能性があります。

 

歯の脱灰とは、虫歯菌がお口の中に残った食べ物のかすなどの汚れを栄養に、酸を作り出し、歯の成分のカルシウムやリンを溶かし出した状態です。

 

脱灰した歯は、カルシウムを戻せば再石灰化して、進行を止めることができますが、汚れが少しでもたまると、簡単に穴が開きます。

 

最近よく見るのが、甘い飲み物を常時飲むことによる、脱灰です。

そのような方は、歯が弱っていることに気づかずに、さらに甘い飲み物を飲むので、簡単に歯に穴が開きます。

一ヶ月前には穴が開いてなかったのに、来る度に穴が開いてくるということも…😭

 

 

脱灰しやすい人がよく飲んでる飲み物はどんなものがあるでしょう?(山中歯科調べ)

 

①コカ・コーラなどの炭酸飲料

②砂糖入りのコーヒーや紅茶

③スポーツドリンク

 

さらに、このような患者さんはどのように飲んで虫歯になっているかというと…

 

①寝る前の水分補給(飲んだ後の歯磨きなし)

②お水がわりに持ち歩き

 

炭酸飲料は、酸と砂糖が含まれているので、非常に歯を痛めやすい飲み物です。

また、これらの飲み物は、水分補給がわりに一日に何回も飲んでいる人が多く、歯が休む暇なく、脱灰の危機にさらされてしまいます。

 

また、寝ている間は口をそれほど動かさないので、自浄作用が働かず、酸からの攻撃を受けやすい状態になっています。

 

 

だからと言って、甘い飲み物禁止というわけではありません😃

飲み方を工夫するだけで、歯に穴が開くリスクはかなり低くできます!

 

 

対策としては、

①お水がわりに甘い飲み物を飲まないこと

②おやつの時間など時間を決めて飲むこと

③飲んだあとはお水で口をゆすぐか、歯磨きをすること

④寝る前に最後にすることは歯磨きにする

⑤キシリトールガムを食事後に食べる

 

です。

 

キシリトールガムの効果については、いっぱいあるので、また別の機会に書きますね。

 

飲み方を工夫して、虫歯を予防しましょう💪