「再治療を少なくする~歯医者通いをエンドレスにしないコツ~」

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)

ブログ

  • ホーム>
  • ブログ>
  • 再治療を少なくする~歯医者通いをエンドレスにしないコツ~
2017.08.18
再治療を少なくする~歯医者通いをエンドレスにしないコツ~

朝晩の暑さが少し和らいだように思います。

 

みなさま、いかがお過ごしですか。

山中歯科・矯正歯科です。

 

 

1,2年以上空いて来院された方からよく聞く言葉、「もう治療終わったかと思ってた。」

 

その中には、ほんとにその時の治療が終了した方、虫歯治療のみ終了し歯周病治療に入ろうとしていた方、終わったけど半年してから再治療しましょうという歯があった方 など様々です。

 

 

このような方は、何かお口にトラブルを感じたので、久々に受診してきます。

残念なことにこのような場合、ほとんどが、違和感を感じている歯以外に何本か虫歯が発見されます。

 

そんな時、半年ごとにクリーニングしてたら予防できたのにとか、出来そうになった時点で家庭での予防ができたのにとか、残念でなりません。

特に、虫歯だらけだった歯を全部治した方など、残念です。

 

 

サブタイトルに、エンドレスにしないコツと書きましたが、ある意味歯科はエンドレスです。

治療が全て終わっても半年ごとのチェックが必要だからです。

 

ただし、半年ごとのチェックの回数を重ねれば重ねるほど、再治療の頻度が下がり、年間の来院回数も減ります。

 

 

よく、私が患者さんに投げかける言葉がいくつかあるのですが、

 

一つ目は、「美容院には毎年何回か行きますよね?美容院と同じ位の間隔で通ってください。」

歯も、髪と同じように、自分でチェックしたり、メンテナンスしにくい場所です。

しかも、毎日外気に触れるし、使用するので汚れが溜まりやすいんです。ケアはプロにお任せください。

 

二つ目は、「虫歯・歯周病は慢性の疾患です。一度感染すると、生涯その菌とお付き合いする必要があります。」

同じ慢性疾患の、高血圧や糖尿病の方って、一度診断されると、ずっと定期的に通っているイメージがありますよね。

虫歯や歯周病は、定期的に通っていただくと、菌の活動をコントロールでき、重症化を予防できます。

 

という感じです。

 

 

 

歯をなるべく削らないために、再治療を少なくするために、かしこく歯医者を利用してください。