「歯を抜けたままにしておくとどうなるの?」

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

ブログ

旧ブログは こちら

2019.05.17歯を抜けたままにしておくとどうなるの?

半袖に薄い羽織ものを着ている方が増えてきましたね。

みなさまいかがお過ごしですか?

山中歯科・矯正歯科です。

 

歯が抜けたあと、抜歯したあと、どれくらい置いといていいのか?という質問がたまにあります。

歯周病で抜けた方、虫歯等で抜歯した方、原因はいろいろあります。

 

基本的に歯がなくなると、両隣の歯は何もなくなった歯茎に向けて倒れてきます。

歯が倒れてくると、

・健康な歯が移動し、隙間が出てくる

・抜けた歯の向かいの歯が伸びてくる

・上記によりかみ合わせが悪くなる

・そのために、他の歯に負担がかかり知覚過敏になったりする

・次に治療するときに、治療が困難になる

というようなことが起こります。

 

では、どのくらいの期間なら放置してもいいのでしょう?

歯科医師の管理のもとに抜歯計画がされているなら、その方針に従ってください。

急に来院できなくなった場合は、まず歯科医院に連絡し、いつまでならおいて置けるか、また、治療に復帰できる時期がわかればそれを伝え指示を仰いでください。

自宅等で自然に歯が抜けた方は、放置せずにすぐに歯科医院に行ってください。放って置くと治療が困難になり来院回数も増えます。

少なくともそのような方は1ヶ月以内に受診したほうがいいでしょう。

歯は日々動いています。半年放置しておくと、お口の中の環境はかなり変わってしまい、全身的な影響も出てくる場合があります。

 

内科的な不調と違って、歯はどうしても後回しにされがちですが、実は歯をしっかり噛める状態で虫歯・歯周病なく保つことは全身の健康を維持するのに非常に重要です。

 

急に通えなくなる可能性がある場合、自己判断で放置せずに相談のお電話を是非してください。

一緒に一番可能な方法を考えましょう!

予防(お口・全身)