灘区六甲小児子供のフッ素塗布シーラントなら山中歯科・矯正歯科

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

小児歯科

小児歯科とは、虫歯予防はもちろんのこと、健康な大人の歯が正しい位置にスムーズにはえるようにするためにあらゆるお手伝いをする分野です。

乳歯はいずれ生え変わるからいいやと思っていませんか?
小さいときのお口の環境は大人の歯に大きく影響します。
虫歯が多ければ、虫歯の多い大人に、歯茎が腫れがちであれば、歯周病もちの大人に、歯並びが悪ければ、歯並びの悪い大人になる可能性があります。

これらの予防は、実は、胎児の頃から始まっています。
虫歯は垂直感染(大人からの感染)することが、最近までの研究でわかっており、お母さんの虫歯を少なくすることから虫歯予防が始まるためです。また、胎児の間の、お母さんへの栄養指導、生まれてからの食事指導や、歯磨き指導、成長に悪影響を与える習慣の指導も大切です。

わたしたちは、小さいころの歯科医院への定期的な来院は、将来のその子のライフスタイルに大きく影響すると考えています。
そのため、歯医者通いが楽しくなるようにいろいろな工夫をしています。

歯並びの相談や保護者の方への口腔衛生指導なども!

山中歯科では、通常の虫歯治療の他に、次のようなことを行っています。

  • 出産までのお母さんへの、虫歯予防、栄養指導
  • 幼児の栄養指導・食事指導
  • 年齢に合わせた歯磨き指導、食事指導
  • 親子歯磨き指導
  • 将来を見据えたかみ合わせ相談、不正咬合の予防
  • フッ素塗布、フッ素のイオン導入
  • 子供のPMTC

お子さんが歯医者を怖がらないように

お子さんが歯医者を怖がらないように様々な工夫をしています。

  • ・治療の終わりには、みんな大好きガチャガチャ大人気
  • ・イオン導入時のDVD観賞大人気
  • ・待合室には各種DVD、絵本あり
  • ・年齢に合わせた、段階を踏んだ治療

まずは、歯医者に来ることになれることからスタートです!

初めて歯医者に来た小さいこどもさんのメニュー例
1回目 デンタルチェアーに座っておしゃべり(お口を開ける練習)
2、3回目 お口の中に鏡を入れる練習
衛生士さんによる歯ブラシ練習もスタート。
4、5回目 お口の中のお水を吸う練習(お口の中に器具を入れる練習)
お口を長く開けている練習も組み合わせて。

フッ素を使った予防

山中歯科では、お子さんの虫歯予防を効果的に行うために、年齢に応じた方法でフッ素を使った予防を行っています。
フッ素のイオン導入では、薬液に微弱な電気を流すことで、フッ素の歯への浸透度合いをさらに良くします。
※一年に2~4回のフッ素塗布は、虫歯の予防効果が高いことがわかっています。

フッ素の効果
  • ・唾液中の歯質強化の成分(ミネラル)が歯に沈着するのを促進し、歯を丈夫にする
  • ・フッ素が歯の表面に作用し、歯の結晶構造を強度なものにし、歯を溶けにくくする
  • ・虫歯菌を活動させにくくする

フッ素に関するQ&A

フッ素は何歳からすればいいですか?
A. 歯が生え始めるころに塗ると効果があるので、前歯が生え始めた1歳半ごろから塗る場合もあります。しかし、これは子供さんの状況によっても違いますので、一度虫歯チェックに来てください。一番いい時期をお伝えします。
どのくらいの間隔でしたらいいですか?
A. 一年に2~4回することで、非常に予防効果が高いと言われています。
フッ素に毒性はありませんか?
A. 確かにフッ素単体を大量に摂取すると中毒になります。
しかし、歯科で使用するのは厚生省で定められた規定量を守り、ごく微量のフッ素を用いるので問題はありません。