山中歯科・矯正歯科
 
ブログへ
 
地図
トップページ 診療案内 院長紹介 全体的な治療とは 一般歯科 矯正歯科 地図
小児歯科             
 
 
虫歯の治療予防だけでなく、将来に起こりうる不正咬合(悪いかみ合わせ)の予防管理もおこなっています。
 
診療中 フッ素イオン導入中
   
各装置・義歯・冠のご紹介の写真
硬質レジン充填
小さな虫歯に適用
各装置・義歯・冠のご紹介の写真  


早期に乳歯がなくなった時にスペースを確保するための装置
※早期に乳歯が抜けると将来の歯並びに影響を与えます。
 
            

方針

子供の時に「歯医者さんは、痛くて怖い」という恐怖心を持ってしまうと成長してからも痛くなるまで、歯医者さんに通うことができなくなってしまいます。
押さえつけて無理やり治療するのではなく、診療室や先生・スタッフの雰囲気になれていただくところから始めます。
 
1.日常のブラッシング   
  • 本人による歯磨き(子供の成長に合わせた方法で行います)
  • 保護者による仕上げ磨き
2.予防処置
  • クリーニング(PMTC)
  • フッ素塗布
  • シーラント(虫歯になりやすい歯の溝をフッ素の入った樹脂で埋めてしまいます。歯は削りません。)
3.食事指導
 
4.虫歯の治療 (強制治療は原則的にはしません)
 

5.かみ合わせの育成

     乳歯列から永久歯への正しいはえかわりを助けることが、将来の不正な咬合を防ぎます。
       ※下の装置は3歳から使用できる装置で,子供の矯正の一例です。

          
<症例1> 前歯の反対咬合 
        治療前
 
<症例1> 治療後
        

      ムーシールド

      乳歯時期の反対咬合治療装置
        寝ている時だけ装着!

 
 
<症例2> 臼歯の反対咬合 
        治療前
 
<症例2> 治療後

 

 ※本ホームページに記載の写真はすべて患者さんの了承を得た上で公開しています。
他ページへの無断転載はお断りしています。