灘区六甲で入れ歯などのご高齢の方の歯科治療なら山中歯科・矯正歯科

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

ご高齢の方の治療

高齢化の進む現在、お口の中の環境を生涯維持することは、とても大切な課題となっています。

8020運動について

「8020運動」というのを知っていますか?平成元年に厚生省と歯科医師会から出された「80歳で20本以上の歯を残そう」という運動です。これは、20本歯が残っていると、食生活にほぼ満足ができるということから目標値に選ばれました。
日本は世界から見ても長寿国ですが、歯の寿命ということから見ると、そうでもありあません。
それでも、日本人の歯への意識がだんだん高くなり、平成17年に24%だった8020達成者も、平成23年には38%になっています。

80歳で20本残っている方は、元気におひとりで医院に定期検診に来られます。さらに、90歳で20本残っている方は、ひとりで来院されるのはもちろん、年齢よりとっても若く見えます。生涯を通して元気に過ごすためにも、歯をなるべくたくさん残すことは非常に重要なのです。

加齢にともない歯を失うリスクが高くなる

年齢が高くなると、歯を失う原因が多くなっていきます。

  • 年齢が高くなるにつれて、基礎疾患に羅患する確率が高くなり、薬の数が増えるとお口の中が乾燥しやすくなります
  • 口周りの筋肉も弱くなるので、口が動きにくくなり、お口の中の自浄作用が低下し、細菌が溜まりやすくなります
  • 長年使った歯はすり減り、虫歯になりやすくなります
  • 腕や手が動かしにくくなると、思うように歯磨きができなくなる場合もあります

このように、お口のトラブルを引き起こすリスクがどうしても高くなってしまします。
お口の汚れ、トラブルは、さらに歯を失う原因となるばかりか、誤嚥性肺炎、インフルエンザなどの感染症を引き起こしたり、病気になった時の回復を遅らすことが知られています。

定期検診が非常に重要

お口の健康を保ち、いつまでも美味しく食事をするためには、定期検診が非常に重要です。
定期検診では、今ある歯をなるべく長く使っていただくために、様々な調整したり、生活のアドバイスをします。
また、入れ歯は長年使っていると、入れ歯そのものや、歯ぐきの経年的な変化により、合わなくなってくるので、その都度調整していきます。
当院では、長くお付き合いできる入れ歯をお渡しできるように、最善を尽くしています。
(※入れ歯の調整は定期的に必要です)

通院できるうちにしっかりと自分に合う入れ歯を

高齢化社会になり、色々なサポート施設を利用する方が多くなってきました。
若い頃より、定期検診に継続して来て頂いた方は、施設でも大きな歯のトラブル無く過ごしていただいているようです。
高齢になってから、入れ歯を新調すると慣れにくいという問題があるので、通院できるうちに、しっかり自分に合う入れ歯にしておくことが大切です。

当院で治療を受けておられたけど通院出来なくなった方、通院できないが歯をみて欲しい方、当院では「訪問診療」を受け付けていますので、お気軽にご相談下さい。

訪問診療

手足が動きにくくなったり、歯への意識を向けられない状態になった時、一番見過ごされがちなのはお口の管理です。
家族がお口の中を点検することが難しかったり、たくさんの方をみている介護職員さんは、個人個人のお口の中をしっかり見れないことがあるのです。

ところが、お口は体の状態を維持するためにとても大切な場所です。
栄養をつけ免疫力を維持するためにはご飯を食べなくてはいけません。
周りに意思を伝えるためには、会話が出来たほうがいいです。
脳へ刺激を送るためには、入れ歯をとおしてでも「噛むこと」が重要になってきます。

訪問診療の重要性

訪問診療では、まず痛みや不快感を取り除き、その後定期的にお口の中の清掃を行います。

  • お口の中が汚れていると、御飯の味がわからなくなり、おいしく食べられなくなります。
  • 汚れがほっぺたについたり、舌につくと、それらの動きが悪くなり、お口が動かしにくくなります。
  • お口の汚れは唾液などを通し、体の内部に入ります。
  • 汚れが気管に入ると肺炎を起こします。原因不明の発熱を繰り返す場合は要注意です。
  • 入れ歯の調子が悪かったり、痛い歯があると、食事、会話が嫌になり、栄養失調になったり、抵抗力が弱まったり、コミュニケーションが取れなくなったりします。
  • お口の汚れは、口臭を産み、人とのつながりが遠くなる場合があります。

お口から栄養が取れない場合も、体調の回復・維持、コミュニケーションの維持のために、お口の中を綺麗にすることが重要になります。