灘区六甲で小児・子供の歯科矯正なら山中歯科・矯正歯科

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

子どもの歯科矯正

矯正治療相談で多いのは、お母さんがお子様の将来の歯並びを心配した場合、ご自身で気になるところがある場合、そして学校の歯科検診などで歯並びにチェックされた場合です。 前者2つは、目的がはっきりしていますが、検診でチェックされたからという方の中には「とりあえず来てみたけど、歯並び悪いのかな?」という方もおられます。検診の先生は、単に審美性の問題だけでなく、機能的な問題や、将来歯や顎に問題が出てきそうな方にチェックしています。
矯正治療では、「見た目の美しさ」はもちろんのこと、「正しく噛める」「正しく噛める環境を整える」ことも目標とします。この二つを獲得することは、獲得した美しく正しく噛めるかみ合わせを長く保つことにつながります。

こんなこと、気になりませんか?

  • 乳歯なのにガタガタになっている
  • 乳歯列が隙間なく生えている
  • 永久歯が生えるスペースがあるか?
  • 指しゃぶり、爪噛み、頬杖など癖がある
  • 上手に発音できない
  • 受け口・出っ歯な気がする
  • 永久歯が生えてこない
  • 自分が歯並びが悪いので遺伝しないか?

子どもの矯正のメリット

治療を終えるまでに時間のかかる子どもの矯正ですが、後戻りがしにくく、綺麗なかみ合わせを保ちやすいというメリットがあります。

1

成長を利用して矯正ができる

子供は成長力が旺盛です。
成長を後押ししたり、成長のタイミングを見計らって矯正することで大きな効果を得ることができます。

2

虫歯・歯周病の予防

良い歯並びを早期に獲得することで、歯が磨きやすくなるので、虫歯、歯周病のリスクを減らすことができます。

3

噛む機能がアップし、全身の健康につながる

最近「食育」ということが言われるようになりましたが、成長期の子供さんにとって「食べる」ことは非常に重要です。歯並びの悪い子供さんは、食べ物を飲み込んで摂取していることがありますが、正常なかみ合わせで、しっかり噛んで、栄養素を吸収しやすいように摂取することが必要です。また、噛むことは脳の発達にもつながります。

4

コンプレックスの解消

歯並びが悪かったり、受け口、出っ歯で悩んでいる子がいます。大きく口を開けて話せない、笑えないことは、子供のストレスとなります。矯正をすることで、笑顔を見せてくれるようになったり、明るくなった子供さんも多数おられます。

5

歯並びの仕上がりが綺麗になる

子供の場合は土台(顎)から治すので、治療の選択肢が広がります。一方、大人の場合、顎の大きさは決まっているので、歯を抜いたり、歯の大きさを変えたりして、歯をきれいに並べる場合があります。また、深刻な受け口や出っ歯になる可能性のある子供さんは、成長期を利用して骨格のバランスを変えることができるので、大がかりな治療を回避できます。

6

歯を抜く矯正、顎を動かすような大がかりな矯正の可能性が低くなる

歯並びが悪いと、特定の力のかかっている歯に負担がかかりかけやすくなったり、顎関節症のリスクが高くなったりします。良い歯並びを早期に獲得することで、歯が磨きやすくなるので、虫歯、歯周病のリスクを減らすことができます。

7

歯や顎への負担を減らすことができる

歯並びが悪いと、特定の力のかかっている歯に負担がかかりかけやすくなったり、顎関節症のリスクが高くなったりします。良い歯並びを早期に獲得することで、歯が磨きやすくなるので、虫歯、歯周病のリスクを減らすことができます。

Ⅰ期治療とⅡ期治療について

当院では、矯正治療を始めるお子様に対し、最小限で最大の効果をあげられる治療を心掛けています。主に、小学校低学年以下のお子様への「Ⅰ期治療」と小学校高学年以上のお子様への「Ⅱ期治療」の2段階に分けて行っています。
これら、成長に合わせた2つのタイミングで行うことで、美しく、かつ噛みやすいかみ合わせを目指します。

I期治療
乳歯のあるお子様

乳歯が残っている間に、お子様の成長に合わせて、永久歯が生えるスペースを作り、顎や口周りの筋肉をバランスよく成長するようコントロールしていきます。
なるべく、お子様に負担をかけないように固定式の装置は最小限に、取り外し可能な装置を使って治療していきます。

主訴:歯のがたがた・出っ歯
診断名:叢生を伴う上顎前突
初診時年齢:8歳~10歳
装置名:拡大装置
期間:2年+永久歯待ち
治療費用:Ⅱ期治療終了後に記載
リスク:矯正後は後戻りのリスクがあります。後戻りを防止する装置を指示通り使用し、態癖に注意し、定期検診に来ていただくことで予防が出来ます。

上顎を拡大し、永久歯の生えるスペースを作りました

再診断

Ⅱ期治療 全て永久歯
になったお子様

全て永久歯に生え変わったら、バランスを整えた顎に歯を並べていきます。美しさだけでなく、しっかり噛めるように正しいかみ合わせに整えていきます。
個々の歯を細かく並べていくので、主に固定式の装置を使って並べていきます。
Ⅰ期治療で土台が整っていると、この時期の治療を短縮出来たり、歯を抜いて並べるような複雑な治療を回避しやすくなったりします。

初診時年齢:12歳~14歳
装置名:マルチブラケット
抜歯/非抜歯:抜歯
期間:2年11か月
治療費用:62万円+調整費
リスク:矯正後は後戻りのリスクがあります。後戻りを防止する装置を指示通り使用し、態癖に注意し、定期検診に来ていただくことで予防が出来ます。

子供の矯正装置

拡大装置

取り外し可能な装置を用いて治療。※基本はクリアかピンク
お好みに合わせて色を選べます。

歯列矯正咬合誘導装置

小児の反対咬合の治療に使う装置です。3歳から使えます。

商品名:ムーシールド

チンキャップ

上あごと下あごの成長をコントロールして受け口治療に使用します。

ヘッドギア

上あごの成長をコントロールして出っ歯治療に使用します。

子供の矯正治療の流れ

Step.1初診相談
初診相談はいつでも無料で行っています。
将来の歯並びへの相談、歯並びへのコンプレックス、自分の歯並びはいいの?悪いの?、矯正ってどんなことするの?など、相談だけでもいいのでなんでも聞いてください。
Step.2精密検査
患者さんの歯並びの問題の詳細を把握するために、色々な検査をします。
検査内容:レントゲン、お口の型取り、顔やお口の中の写真、虫歯・歯周病チェック、歯磨きチェック
Step.3診断
検査結果を元に、どのような治療が患者さんの悩みを解決できるかお話しします。
複数の治療計画がある場合は、それぞれ治療の特徴についてお話しし、患者さんの希望に一番合い、かつ最善の治療結果が得られるものを相談して決めていきます。
Step.4虫歯治療・歯ブラシ指導
矯正治療が始まると、どうしても歯が磨きにくくなります。
まずは、装置を付けていない段階できれいに磨けるようにしましょう。
虫歯のある方は、しっかり治してから矯正治療を行っていきます。
Step.5Ⅰ期治療開始
いよいよ装置が入ります。
主に取り外しのできる装置を使います。
装置を付けている間はだいたい1か月に1回来院していただきます。定期的に、矯正患者さん用のPMTC(プロフェッショナルケア)を行っています。
Step.6再検査・再診断
永久歯が生えそろったら再度検査をし、Ⅱ期治療の治療計画について話し合います。
この段階で、正しいかみ合わせが獲得できる患者さんもいらっしゃいます。そのような方は、定期検診に移行します。
Step.7Ⅱ期治療
歯にブラケットという装置を直接つけて、個々の歯を並べていきます。
Step.8装置撤去
全ての装置が外れます。
Step.9保定
装置を外したばかりの歯は、非常に動きやすいです。そのため、定期検診をしながら後戻りがないかチェックします。虫歯チェック、歯茎のチェックも行います。

よくあるご質問

子供の矯正ってどんな装置を使うの?
A. 主に取り外しのできる装置を使います。
痛みはありますか?
A. 取り外しのできる装置の場合、最初圧迫感があったり、喋りにくかったりしますが、子供さんは順応性が高いので、すぐに慣れます。
宿泊を伴う行事があった時はどうすればいいですか?
A. どういった装置を使っているのか、どんな行事か、治療の段階を考慮して、おうちに置いておくか持っていくか決めます。
楽器はふけますか?
A. どのような楽器か、どんな装置を使用しているかによって違いますが、楽器がふけるように装着スケジュールを考えたり、装置の種類を工夫したりします。
引っ越しすることになりました。
A. その時の治療の内容によって転居先の矯正歯科を紹介致します。紹介先には、今までの治療方針、処置内容をかいたお手紙を紹介先に持っていって頂き、治療の引き継ぎがスムーズに行えるようにします。

menu