灘区六甲で見えないマウスピース型矯正装置(インビザライン)なら山中歯科・矯正歯科

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

マウスピース型矯正装置
(インビザライン)

マウスピースタイプの矯正歯科装置(インビザライン)を使用し、周りから気付かれにくい見えない矯正治療を行います。マウスピースタイプの装置には色々な特徴がありますのでよくご確認ください。

マウスピースタイプの装置(インビザライン)の特徴

1

矯正していることを周りから気付かれにくい

透明なマウスピースタイプの装置は周りから気付かれにくいので、目立たない治療をご希望の方には最適な装置です。

2

適応できる症例と、できない症例がある

インビザラインはどんどん進化していますが、やはり得意としない症例というものが存在します。
ご自身が適応症例かどうかはご相談ください。

3

装置の取り外しが可能

一般的なマルチブラケット矯正と違い、装置を取り外すことができます。食事・歯磨きの時は外してもらいます。

4

食事を今まで通り楽しめる

取り外しが可能な装置なので、食事制限なく、今まで通り楽しんでいただけます。ただし、食事後はすぐに歯磨きをして口腔内を清潔に保たないとむし歯や歯周病の原因となり、結果治療が遅れますのでご注意ください。

5

装置が合わなくなるリスクがある

最初に脱着までの装置がすべて作られるため、医師に言われた通りに装着していなかったり、装着をサボると装置が合わなくなります。適格な診断をもとに装置作製しているため、患者さんのご協力は不可欠です。
装着時間は1日20時間以上(食事・歯磨き以外)です。

6

衛生的かつ、口内炎などのリスクがない

取り外し可能な装置は洗浄が可能なので、非常に衛生的です。また、歯にフィットするので、お口の中を傷つけてしまう心配もありませんので口内炎などのリスクがありません。

7

通院回数が少ない

マルチブラケット装置では、通常1ヶ月に1回ほどの通院が必要ですが、インビザラインは10日~14日に一度、ご自宅で新しい装置に交換するので、治療が順調に進めば2~3ヶ月に一度の通院になります。ただし治療開始時はマルチブラケット矯正と比べて通院回数がやや多くなります。