頬杖・指しゃぶり・舌癖・寝癖などの悪習癖改善トレーニング

阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

悪習癖について

態癖とは日常生活の中で無意識に行う様々な習慣です。
例えば...

  • 口呼吸
  • 頬杖 / 腕枕
  • うつぶせ寝
  • 食いしばり

この習慣の中には、成長発育に悪い影響を与えたり、出っ歯や受け口など色々な歯列不正を引き起こしたり、お口の中の病気や不快な症状を引き起こすものがあったりします。
また、これらの態癖を見逃すと、虫歯や歯周病を治しても、同じような症状を繰り返したり、治したところの耐久性が悪くなったりします。
矯正治療でいうと、なかなか歯が動かなかったり、後戻りしやすくなったりします。

子供の注意すべき癖

子供さんの「お口ぽか~ん」気になりませんか?

最近、子供さんをはじめとする口呼吸の歯・全身に与える影響についていろいろ言われるようになりました。

口呼吸は色々な症状を引き起こします。

  • ・アレルギー疾患(鼻炎、花粉症を含む)
  • ・風邪をひきやすい(免疫力の低下)
  • ・喘息
  • ・集中力の低下

お口周りへの影響としては・・・

  • ・歯列不正(出っ歯、すきっ歯、開咬、受け口・・・)
  • ・唇の乾燥
  • ・お口の中の乾燥による、歯茎の炎症、虫歯
  • ・口唇閉鎖不全(お口が締めにくくなること)

さらに、対面的、審美的な面でも問題が出てきます・・・

  • ・ボーっとしているように見える
  • ・猫背など姿勢が悪くなりシャキッと見えない

「お口ぽか~ん」を長期にほうっておくと...

口呼吸 口を閉じる筋肉が弱くなる 口を閉じる筋肉が弱くなる 鼻で息ができない アレルギー疾患(鼻炎)悪循環 虫歯・歯周病 歯列不正 集中力の低下 免疫力の低下

口周りの筋肉がさらに弱くなりお口が閉じられなくなる、アレルギー体質になり(鼻炎など)鼻で息が吸えなくなるなど、さらに口呼吸をせざるを得ない状態になり、症状が悪化、治しにくくなります。

山中歯科・矯正歯科では、お子さんのお口の健やかな成長を見守るために、態癖指導を行っています。

大人の注意すべき癖

このような症状はありませんか?

  • ・虫歯はないけどしみる(知覚過敏)
  • ・作った詰め物やかぶせがすぐに外れる
  • ・顎がかくかくする・音がする
  • ・顎がだるい・痛い
  • ・口があきにくい/閉じにくい
  • ・かみ合わせがしっくりこない
  • ・ほっぺたや唇をよく噛む
  • ・歯がすり減っていると言われたことがある
  • ・歯茎が下がっていく
  • ・噛み癖があり、片方でしかうまく噛めない
  • ・がたがたが出てきた

もしかしたらそれは、日頃の習慣が影響しているかもしれません。
例えば・・・

  • ①頬杖、腕枕
  • ②うつぶせ寝
  • ③食いしばり
  • ④いつも上の歯と下の歯が当たっている
  • ⑤極端な片側噛み

日常の何気ない習慣が、歯や顎の不調を起こしてい可能性があります。
山中歯科・矯正歯科では、一度治した歯を長く使ってもらうために、態癖指導も行っています。

menu