阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

小児歯科

小児歯科とは、虫歯予防はもちろんのこと、お口の機能が正しく成長するようにし、健康な大人の歯が正しい位置にスムーズにはえるようにするために様々なお手伝いをする分野です。

乳歯はいずれ生え変わるからいいやと思っていませんか?小さいときのお口の環境は大人の歯に大きく影響します。虫歯が多ければ、虫歯の多い大人に、歯茎が腫れがちであれば、歯肉炎や歯周病になりやすい大人に、歯並びが悪ければ、歯並びの悪い大人になる可能性があります。

小さいころの歯科医院への定期的な来院は、将来のその子のライフスタイルに大きく影響するため、山中歯科では、歯医者通いが楽しくなるようにいろいろな工夫をしています。

お子さんが歯医者を怖がらないように

  • 1

    治療後には、
    みんな大好きガチャガチャ

  • 2

    DVD鑑賞しながらフッ素

  • 3

    待合室には、
    DVDや絵本あり

  • 4

    年齢に合わせた、
    段階を踏んだ治療

歯医者に慣れることからスタート!

  • デンタルチェアーに座っておしゃべり(お口を開ける練習)

  • お口の中に鏡を入れる練習、できたら歯ブラシ練習もスタート

  • お口を長く開けている練習+お口の中に器具を入れてお水を吸う練習

  • いよいよ治療にチャレンジ!お子さんの状況に合わせて治療を少しずつ進めていきます。

歯並びの相談や保護者の方への口腔衛生指導なども!

山中歯科では、通常の虫歯治療の他に、次のような予防処置や指導を行っています。お子さんのお口のことで気になることがあれば、お気軽にご相談ください。

  • 奥歯の溝をシーラントで予防

  • フッ素で歯質強化

  • 子供の歯のクリーニング

  • 年齢に合わせた歯磨き指導、食事指導

  • かみ合わせ相談、不正咬合の予防

  • お口のトレーニング(MFT)

  • 出産までのお母さんへの虫歯予防・栄養指導

  • 幼児の栄養指導・食事指導

お子さんのメンテナンスについて

山中歯科では、通常4ヶ月ごとに子供さんにもPMTC(機械を用いた歯のクリーニング)とフッ素塗布(イオン導入法あるいは塗布法)を行っています。定期的にメンテナンスをすることで、常に虫歯リスクの少ないお口の中を保つことができ、虫歯になりそうな歯の早期発見にも繋がります。

フッ素の効果について

山中歯科では、お子さんの虫歯予防を効果的に行うために、年齢に応じた方法でフッ素を使った予防を行っています。フッ素のイオン導入では、薬剤に微弱な電流を流すことで、フッ素の歯への浸透を促進します。

※一年に2~4回のフッ素塗布は、虫歯の予防効果が高いことがわかっています。

フッ素の大効果

  • 01歯質強化

    唾液中の歯質強化の成分(ミネラル)が歯に沈着するのを促進し、歯を丈夫にする。

  • 02虫歯菌の抑制

    虫歯菌の活動を抑制し、歯を溶かす酸の量を少なくする。

  • 03再石灰化を促進

    フッ素が歯の表面に作用し、歯の結晶構造を強度なものにし、歯を溶けにくくする。

生えたての奥歯を虫歯から守るシーラント

生えたての歯はシワが多く、そのシワに汚れが入りやすくなっています。また、まだ歯磨きに慣れていないお子さんが磨くには複雑な形態になっています。そこで、その溝をプラスチックで薄く埋めてあげることで、汚れが入りこまないように、かつ磨きやすくします。

シーラントの手順

  • 1.歯を機械の歯ブラシでお掃除します

  • 2.接着材を塗り、水で洗い流します

  • 3.シーラント(プラスチック)を流します

  • 4.最後に光をあてて固めます

※シーラントは歯を削らない処置です。

お口の正しい発育をサポートするトレーニング

お子さんにこんな症状ありませんか?

  • 上手く噛めない(食事が遅い、丸呑み)
  • 発音が不明瞭
  • 指しゃぶりが長く続く
  • お口ポカン
  • 虫歯が多い
  • 噛み合わせ異常 など

このような症状は、「食べる」「話す」「呼吸する」といったお口の機能が十分に発達していなかったり、正常でない場合にみられます。(口腔発育不全症といいます)このような症状があると、生涯を通じて成長や健康に悪影響を及ぼす可能性が高いため、早いうちからトレーニングを行うことが必要です。

保険でトレーニングができます

お口の機能の発育を改善・サポートするトレーニングが2018年から保険適用となりました。山中歯科では、矯正治療の一部としてお口の成長・発育の観察とそのトレーニングメニューを元々ご用意しておりましたが、このトレーニングメニューを応用して、さらに多くの患者様にご利用いただくことが可能になりました。