阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

ご高齢の方の治療

年齢が高くなるにつれて、様々な原因によって歯を失ってしまう方が多くなります。実際に65歳以上の方に聞いたところ、失って後悔したものの1位は「歯」と言われています。
そのように歯を失って止むを得ず入れ歯を使用されている方や歯が無い状態を放置されている方に向けて、当院がお伝えしたいことを記載しています。また、歯科医院に通院できない方には、訪問診療を行っています。

入れ歯について

歯は、失わないようにすることが一番ですが、止むを得ず歯を失ってしまった方の強い味方の一つが入れ歯です。その方にあった入れ歯を作ることで、失った物を補い、快適に生活(会話、お食事、その他いろいろ)することができるようになります。

  • 入れ歯は合わないものだと思っていませんか?
入れ歯は、お口を動かしてない状態の型で作製しますが、実際にはお食事などお口が動いている状態で使います。そのため、作製後に一度使ってみてから、それぞれの方のお口の動かし方に合わせて数回調整することで初めて自分に合うものになります。調整が2回で終わる方から、何回もかかる方まで様々ですが、自分の歯として使うためにしっかり調整することが必要です。また、長期の使用により、歯茎が痩せてきた場合にも調整が必要になります。悪くなってからでは調整に時間がかかったり、不快な時間を長く過ごしていただくことになってしまいます。そのようなことがないよう、当院では定期的にご来院いただき、様子を見させていただくことをおすすめしています。
  • 通院できるうちにしっかりと自分に合う入れ歯を
高齢化社会になり、様々なサポート施設を利用する方が多くなってきました。若い頃から、定期検診に継続して来て頂いた方は、施設でも大きな歯のトラブル無く過ごしていただいているようです。しかし、高齢になってから、入れ歯を新調すると慣れにくいなどの問題が起こるので、通院できるうちに、しっかり自分に合う入れ歯にしておくことが大切です。

歯が無い状態を放置していませんか?

歯が折れた、抜けた、虫歯や歯周病で抜いたなどで歯がない状態でも、「なんとなく噛めるからいいや」と放置していると、色々な問題が起こってきます。

例えば・・・

  • 01歯が移動して、噛み合わせが変わる

    歯がない部分に歯が移動し、噛み合わせが少しずつ変わってしまいます。いざ治療しようとしたときには、治療が難しくなっていたり、体のバランスが崩れ全身的な影響がでてきたりします。

  • 02まわりの歯の寿命が短くなる

    歯が1本抜けることで、それぞれの歯のバランスが崩れてきて、他の歯への負担が大きくなり、それに伴って周りの歯の寿命が短くなってしまうこともあります。

  • 03認知症のリスクが高まる

    多くの歯あるいは全ての歯がない状態を放置しておくと、「噛む」という脳への刺激が弱くなったり、全くなかったりすることで認知症のリスクが高まるともいわれています。

このように、小さい問題から全身的な問題に繋がらないように、早いうちに入れ歯やブリッジ(被せ物で補う治療の一つ)などを作製しましょう。特に、歯が抜けたまま放置していて、高齢になってから入れ歯を入れようとすると、慣れるのに非常に時間がかかるので早いうちに対処しておくことが大切です。

歯科医院に通院できない方へ

当院では、様々な理由(認知症の方、寝たきりの方、歩行困難な方、基礎疾患のある方等)で、歯科医院に通えない方のために訪問診療も行っております。訪問診療では、歯科医院とほぼ同等の治療をご家庭や入居施設で受けることができます。まずは、痛みに対する処置や不快感を取り除き、その後定期的にお口の中の清掃を行います。

お口のリハビリにも力を入れています

ご高齢の方や疾患のある方の多くは、ご自身でしっかり歯を磨くことが難しくなるため、まずは訪問診療でお口のケア(口腔ケア)をしっかり行います。さらに当院では、お口の機能が低下しないようにするリハビリ(オーラルリハビリ)にも力を入れています。

訪問診療ご希望の方は一度ご連絡ください

まず、無料健康相談にてお口の状況とお身体の状態をお聞きし、訪問診療を受けていただくならどのような感じになるかお話しさせていただきます。

訪問診療の重要性

  • 01誤嚥性肺炎の予防

    お口の中が汚れていると、食べ物が美味しくない→食べたくない→栄養不足→体の機能低下・・・と悪循環になるばかりか、汚れの中で細菌が増殖し、その菌が知らないうちに肺に入ることで誤嚥性肺炎のリスクが高まります。
    お口の中を清潔に保つことは、誤嚥性肺炎のリスクを減らすことにも繋がるのです。

  • 02菌や汚れを減らし、食事を「美味しく」

    年齢が高くなると、唾の量が年々減り、自浄作用(唾がお口の汚れや細菌を洗い流す力)が弱くなり、お口の中に菌が増殖しやすくなります。お口の中に汚れが残っていると、食事を美味しく感じることができません。お口のケアを定期的にしっかり行うことで味覚を保つことができます。

  • 03心と体を健康に保つ

    入れ歯の調子が悪かったり、痛い歯があると、食事や会話が億劫になり、栄養失調になったり、抵抗力が弱まったり、コミュニケーションが取れなくなったりします。体調の回復・維持、コミュニケーションの維持のためには、お口の中を綺麗にすることが重要です。