阪急神戸線「六甲駅」高羽交差点すぐ(駐車場あり)p

078-821-0100
メールでのご相談・お問い合わせ

一般歯科

むし歯・歯周病治療

山中歯科の虫歯・歯周病治療は、症状や状態に対してただ治療を行うだけでなく、予防の考えをベースとした治療を行っています。なぜ虫歯になったのか、歯周病になったのかなど多角的に診断し、先を見据えた治療法を提案させていただいています。そのため、初診時には症状のある歯はもちろん、お口全体の検査をさせていただき、症状の説明と他の悪い所の説明をさせていただきます。

虫歯の進行段階と治療方法

  • C0

    歯の表面の虫歯リスクの高い所

    • 症状痛みなし
    • 治療方法削らずにフッ素やシーラントを行う
  • C1

    小さな穴があいている虫歯

    • 症状痛みなし
    • 治療方法白いプラスチックで詰め物治療を行う。
      (即日治療)
  • C2

    穴があいている虫歯

    • 症状たまにしみる
    • 治療方法金属やセラミック(陶材)で詰め物治療を
      行う。(治療回数2回)
  • C3

    大きな穴があいて神経まで進行した虫歯

    • 症状強く痛みがある状態から急に痛みが
      なくなる
    • 治療方法歯の根の治療(根管治療)とかぶせ物
      治療を行う。(治療回数3回以上)
  • C4

    虫歯で歯のほとんどがなくなり
    根だけが残った状態

    • 症状痛みなし
    • 治療方法歯が残せそうな場合には、歯の根の治療
      を行い差し歯のかぶせ物治療を行う。
      (治療回数4回以上)状態によっては、抜歯
      する必要あり。

歯周病の進行段階と治療方法

  • 健康な歯茎

    • 状態・症状歯茎がひきしまり、ピンク色の状態
    • 治療方法健康な歯茎を保つために定期的な検診
      を継続する
  • 歯肉炎

    • 状態・症状歯茎に炎症が起こり、赤く腫れ、
      出血がみられる
    • 治療方法歯磨き指導・歯石除去
  • 軽度歯周病

    • 状態・症状歯茎の炎症が強くなり、歯茎が腫れ、
      時々出血する
    • 治療方法歯の表面と溝の中の歯石除去
  • 中等度歯周病

    • 状態・症状歯を支える骨が溶かされはじめる。
      歯茎の炎症は強くなり、出血が多くなる。

      ・歯が長く感じる
      ・歯がぐらつき、浮いたように感じる
      ・口臭が強くなる
      ・歯に隙間ができる

      などの症状がでてくる
    • 治療方法局所麻酔下で歯茎をめくって、中の歯石を
      取り除く
  • 重度歯周病

    • 状態・症状歯を支える骨が溶かされ、歯がぐらつき、
      しっかり噛めない

      ・膿の味がする
      ・歯が上下左右にぐらぐら動く
      ・痛みがでてくる
    • 治療方法歯茎をめくって歯石除去
      (抜歯が必要な場合もあり)

虫歯・歯周病の原因

  • 虫歯の原因とは?

    普段の歯磨きで取り除ききることができなかった歯垢(プラーク)が、虫歯の原因となります。歯垢とは、歯にくっついた白いネバネバしたものです。食事後、食べかすの中で細菌が増殖して歯垢になります。プラーク中の虫歯菌(ミュータンス菌)は’酸’を酸性し、歯に穴をあけます。これが”虫歯”です。

  • 歯周病の原因とは?

    虫歯と同じく、歯垢が歯周病のきっかけとなります。たくさんの細菌が集まっている歯垢が歯茎に残っていると、当然歯茎は炎症を起こします。これが歯周病の始まり=歯肉炎で、これを放置しておくと、だんだん骨にまで炎症が広がり歯周病に進行します。
    歯周病は、歯周病菌以外にもいろいろな原因があり、ストレス・疲労・喫煙・糖尿病・骨粗しょう症・歯並びなど様々な原因が考えられます。

山中歯科・矯正歯科の取り組み

虫歯、歯周病の問題を解決するためには原因を知ることが大切です。
虫歯、歯周病には大きく分けて3つの原因があります。

  • 1

    宿主

    歯並び、かぶせや
    詰め物の形、唾液の
    免疫の力など

  • 2

    細菌

    歯磨きの仕方、
    細菌の数など

  • 3

    栄養

    食事方法、
    嗜好品など

山中歯科では、この3つのどこが原因か考え、患者様と一緒に虫歯や歯周病になりにくいお口の中を目指します。